« 「奴鮨」のなめろう | トップページ | 「若松」の焼きおにぎり »

2013年10月14日 (月)

伊賀の堅焼き煎餅

 倉阪鬼一郎氏の親戚が伊賀上野で和菓子屋さんをやっている。
 昔、鬼一郎氏がまだ東京に下宿していた頃、その親戚から送られた堅焼き煎餅を幻想文学会の集まりに持って来た。厚くてお盆ほどもある偉大な煎餅で、石のように硬い。
 M田君が齧ったら、歯が欠けた。
 「齧っちゃ駄目だよ」と鬼一郎氏はあわてて言った。「金槌で小さく欠いて、しゃぶりながら、唾で柔らかくして食べるんだよ。これは伊賀の忍者の非常食なんだ。服の下に入れておくと、手裏剣も通らないんだ」
 「それを先に言ってくれよ」とM田君はボヤいた。

« 「奴鮨」のなめろう | トップページ | 「若松」の焼きおにぎり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/58386255

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀の堅焼き煎餅:

« 「奴鮨」のなめろう | トップページ | 「若松」の焼きおにぎり »