« 「やまや食堂」の菜っ葉煮 | トップページ | 「たこ梅」のさえずり »

2013年11月 5日 (火)

鮫の心臓

 昔、O君とM賀さんさんと三人でパジェロに乗って、三陸海岸を旅したことがある。
 鉄腕M賀さんは何時間も平気で運転をする。私は助手席でグウグウ寝ていた。時々、後部座席に仰向けになって、車の天井に開いている窓から外をながめると、新緑が飛び過ぎて行った。
 休憩のために車を降りた時、「ああ、くたびれた」とのびをしたら、「運転もしないくせに」とO君に叱られた。
  私たちは気仙沼で雲丹丼を食べ、そのあとスーパーマーケットで鮫の心臓を買った。酢味噌で食べる。ブキブキして味のしないレバ刺のようなものだと思った。

« 「やまや食堂」の菜っ葉煮 | トップページ | 「たこ梅」のさえずり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/58505506

この記事へのトラックバック一覧です: 鮫の心臓:

« 「やまや食堂」の菜っ葉煮 | トップページ | 「たこ梅」のさえずり »