« シャコ | トップページ | 言問通りの大学芋 »

2013年12月18日 (水)

モクズガニ

 上海蟹に近い種類のモクズガニは日本各地でとれるし、食べる。
 ヴィリエ・ド・リラダンの翻訳者・斎藤磯男は山形の人だが、山形でもこの蟹を食べる。ある時、斎藤先生は出先でモクズガニを籠一杯もらい、喜んで帰途についた。電車の中で眠っていたら、寝ている間に蟹が這い出し、大慌てしたという話を何かで読んだ記憶がある。
 もうせん中国から上海蟹が入らなくなった時に、「龍口酒家」の石橋さんがモクズガニで酔蟹をつくってみた。味は悪くなかったが、少し淡白すぎた。

« シャコ | トップページ | 言問通りの大学芋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/58759141

この記事へのトラックバック一覧です: モクズガニ:

« シャコ | トップページ | 言問通りの大学芋 »