« 「大林」の肉豆腐 | トップページ | メジマグロ »

2014年1月 2日 (木)

「大林」の煎り銀杏

 煎り銀杏は鮮度と煎り方が肝腎である。新鮮なものを上手に煎ると、実はエメラルドのように透きとおった緑で、口の中でとろける。
 山谷の「大林」の賄い方はその法を心得ていて、とれたての頃に行くと、エメラルドが味わえる。

« 「大林」の肉豆腐 | トップページ | メジマグロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/58867747

この記事へのトラックバック一覧です: 「大林」の煎り銀杏:

« 「大林」の肉豆腐 | トップページ | メジマグロ »