« 雉鍋 | トップページ | 砂糖入り麦茶 »

2014年12月18日 (木)

「治郎長」の鯛

 昔、父親とO君と銀座の横丁にある「治郎長」という店に入った。
 その日は日曜日で、職人がいない。年とった親爺さんと娘が二人でやっている。親爺さんは休みにすると手持ち無沙汰で仕方がないから、店を開けているのだと言う。
 私達は鯛を半身焼いてもらった。親爺さんが七輪で団扇を使いながら焼きはじめる。そして言うには―― 
 「お客さんは運がいいよ。今日は名人が焼くんだから」
 そう言われたから、余計に美味かったような気がする。

« 雉鍋 | トップページ | 砂糖入り麦茶 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/60717009

この記事へのトラックバック一覧です: 「治郎長」の鯛:

« 雉鍋 | トップページ | 砂糖入り麦茶 »