« アーティチョーク | トップページ | アミタケ »

2015年1月12日 (月)

エスカルゴ

 初めてフランス料理を食べた晩のことを憶えている。  
  私は小学校の四年生で、フランスへ初めて行った。羽田の飛行場へは祖母や親戚がぞろぞろと見送りに来た。  学校の校長先生をしているT石のおじさんが私に言った。
  「竹則、ありがとうってフランス語で何と言うんだ?」
  「メアッシー」
  「そう。それを良く憶えておけ。メルシーという言葉さえ知っていれば大丈夫だ」     たまたま知人の奥山さんという御夫婦が同じ飛行機でパリへ行くので、私の面倒を見てくれた。  
   向こうへ着いたその晩、かなり遅い時刻に、父と奥山夫妻とレストランに入り、私は音に聞くエスカルゴとビフテキを注文した。エスカルゴは私の口に合った。  
   帰国後まもなく、N永夫妻が、新宿の西口にあったフランス料理屋へ連れて行ってくれた。私はエスカルゴを食べたが不服で、
   「日本のエスカルゴは御馳走じゃありませんね」 と言った。N永さんは衝撃を受けたと、その後四十年ほどしてから語っていた。

« アーティチョーク | トップページ | アミタケ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510645/60984680

この記事へのトラックバック一覧です: エスカルゴ:

« アーティチョーク | トップページ | アミタケ »