« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

「万定パーラー」のカレー

 学生時代、本郷の東大正門前に「万定パーラー」という果物屋があり、その隣が喫茶店になっていた。果物屋は今はやめたが喫茶店は健在で、時々本郷に行くと立ち寄る。レモンスカッシュやオレンジジュースを飲みながら、名物のカレーライスを食べる。
 カレーは真っ黒で、少しスモーキーな味がする也。

2015年2月19日 (木)

ヤツガシラ

 お酉様の縁日では切山椒とヤツガシラ、赤目芋を売っている。近頃の十一月は生暖かくなったが、昔は寒かったから、あつあつのヤツガシラがうまかった。
 近頃、瀬見の「やまや食堂」で烏賊とヤツガシラの煮物を食べた。ほっこりしていて、かつ滑らかな舌触りだった。

2015年2月16日 (月)

大根漬け

 冬の山形では、美味い大根料理にしばしば出会う。
 以前、赤倉温泉の「初音寿司」に昼飯を食べに行ったら、大根漬けが出た。みずみずしく、甘く、ハリハリして、かすかに柚の香りがついていた。

2015年2月14日 (土)

ツルムラサキ

 微温湯温泉でツルムラサキの甘味噌和えを時々出すが、仲々美味い物である。  「チャイナハウス」で以前つくったツルムラサキの焼売も良かった。

2015年2月12日 (木)

アミタケ

 秋に、I橋さんが那須で採ったアミタケと帆立貝の炒めを食べさせてくれた。アミタケは色合いといい、舌触りといい、生レバーに似ていた。

2015年2月10日 (火)

アーティチョーク

 昔、K 村夫人とノートルダム寺院のそばのレストランで、ラクリマ・クリスティーを飲みながら夕食をとった。その時、初めてアーティチョーク(朝鮮アザミ)というものを食べたが、面白い物だと思った。

2015年2月 8日 (日)

青森の海鼠

青森の海鼠は柔らかいので、握り鮨に出来る。函館あたりのナマコも同様也。

2015年2月 6日 (金)

「岸川」のせいろう蒸し

 このあいだ、博多のM邸に泊まった翌日、車で周船寺の「岸川」という鰻屋へ連れて行ってもらった。
 ここの「せいろう蒸し」は、味をつけた御飯に鰻と錦糸卵を載せて蒸す。仲々良い味で、二日酔いだったが、きれいに食べてしまった。

2015年2月 4日 (水)

「花家」の焼そば

 浅草の田原町に「花家」という古い店があり、焼そばと稲荷鮨を売っている。焼そばは典型的な縁日の焼そばで、キャベツすらロクに入っていないが、なつかしい感じがする。  
 ラムネを飲みながらそんなものを食べていると、子供の頃の浅草を思い出す。

2015年2月 2日 (月)

鹿児島の「あくまき」

 昔、O さんを訪ねて鹿児島へ行った時、当地の「あくまき」というものを初めて食べさせられた。  近頃売っているあくまきよりも強烈な匂いで、例の如く黒蜜をつけて味わったが、これは醤油をつけて酒の肴にしても良い。  
 同様の物は稲作文化圏にはあまねくあって、その後、中国やベトナムでも食べたことがある。宮崎や長崎にもあるというが、まだ出会っていない。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »