« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

ケジャン

 ワタリガニのケジャンを初めて食べたのは、新宿の武橋洞(ムギョドン)でだった。味が濃すぎず、自家製のマッコリに良く合った。
 その後、上野の「陽山道」で食べた時も美味いと思った。

2016年11月23日 (水)

ソーホーの五加皮

 初めてロンドンへ行った時、ソーホーで中華料理を食べた。
 あるところに店が二軒並んでいて、別々の店かと見えたが、中はつながっており、厨房は一緒だった。向かって左は内装が綺麗で、イギリス人の客が入っている。向かって右側は安食堂風で、中国人しかいない。
 わたしは食堂の方に入った。揚げ魚のあんかけを飯にのせたものを食べたが、悪くなかった。
 高い棚をふと見ると、中国酒らしき壜がある。ボーイに言って、一杯飲んだ。五加皮だったが、よく見る天津の五加皮とは違って、透明なガラス壜に入っていた。

2016年11月18日 (金)

「アルプス食堂」の肉豆腐

東京の下町には肉豆腐のうまい飲み屋が沢山ある。浅草の「アルプス食堂」のも仲々良い。

2016年11月13日 (日)

そばがき

瀬見の旅館の番頭さん曰く、粥に蕎麦粉を入れて、そばがきにすることがあると。きっと良かろう。

2016年11月 7日 (月)

「とみ廣」のほや酢

昔、早稲田通りの魚屋の店先で丸ごとのホヤを初めて見たが、「ほや酢」を初めて料理屋で食べたのは、渋谷の桜丘、ロゴスキー本店近くのビルの地下にあった「とみ廣」という魚料理屋でだったと思う。

 「とみ廣」のホヤは悪くなかったが、当時、東京の店で出て来るホヤはおおむね鮮度がひどく落ちていた。近頃大分良くなったのは、これも文明の御利益であろうか。

2016年11月 1日 (火)

「六十里」の鯉こく

 昔、小野川温泉に二晩泊まった時、二日目の昼間、バスで米沢に出た。
 駅前の「六十里」という鯉料理屋に入ってみたら、じつに美味いので驚嘆した。
 中でも、白味噌仕立ての鯉こくは、桂魚を食べているようだと思った。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »